院長ご挨拶

mitsui hiroshi orthopedic rheumatism clinic

院長紹介

医学博士 三井 弘(みつい ひろし)

【略歴】

東京大学医学部を卒業、その後同整形外科 入局
その後三井記念病院にて臨床に携わる。
平成14年2月(2002年)三井弘整形外科・リウマチクリニックを東京・水道橋に開設。
専門分野は脊髄、関節(人工関節)
具体的な病名として、慢性関節リウマチ、強直性脊髄変形性関節炎などを多く手掛けている。 1984年に三井式脊柱(脊髄)手術を考案。 

治療の特色・方針

1.当クリニックの基本方針は、とにかくできるだけ早く、症状を改善する治療を行うことです。
2.検査は、必要なことは十分に行い、原因を考えた治療をします。
3.できるだけ通院の回数を少なくします。
4.患者さんの話を聞き、わかりやすい言葉で治療方針をお伝えします。
5.検査や診断、薬などの治療内容を十分にご説明します。
6.入院、手術が必要であると判断した場合、医師が責任をもって、提携先の病院とチームワークを組んだ治療に当たります。
 しかし医学、薬の発展により手術することは激減しています。
7.薬を含めた治療については患者様のご意向を尊重し、強制することはありません。
8.専門以外の病気についても相談に応じ、適切な専門医、病院をご紹介もします。
9.家族も含めた患者様と医師の関係を作っていきます。
10.書籍、テレビなどのメディアで病気の理解を増やすための協力を行います。

提携先病院

・東京逓信病院
・東京大学付属病院
・関東中央病院 等

書籍案内

書籍についてはクリニックまでお問い合わせください。